お役立ち情報はこちら!

お役立ち情報はこちら!

最先端技術製品

今日から始めるIoT ​​​​​​​現場で、クラウドで「視える化」

図:クラウドの見える化

こんな課題ありませんか?
「生産設備の稼働率が低い」「日報等、紙での管理をなくしたい」「生産管理を分かりやすく」

IoTを導入することで、生産実績データを蓄積し生産設備の稼働率向上、生産停止(チョコ停)のデータ解析、停止による機会損失の削減が期待できます。
また、生産計画、実績が連動可能な為、日々の生産日報の入力作業が不要になります。
そして、サーバーはすべてクラウド上の為、PC・タブレット・スマートフォンなどデバイスは問わず、遠隔地(国内・海外)から管理が可能です。

取り扱いメーカー